話題の「描く薄毛対策」とは

海外で多数の実績を誇っている新技術の薄毛治療は画期的で、その方法はなんと頭髪を「描く」というものです。
「メディカルSMP施術」と呼ばれているこの新技術は、専用に開発されたマイクロニードルとインクを使い、頭皮の中に色素を注入し毛根を描く技術となります。

これにより、まるで元から毛があるように見せることが可能な画期的な技術なのですが、この施術を日本で行なえるのは医師か看護師のみに限られていることから、あまりまだ浸透されていません。

イメージ的にはタトゥーに近いものですが、タトゥーと違ってこちらは薄毛治療を目的とした医療行為で使用する器具やインクも異なるため、訓練を積んだ医療従事者のみしか施術できないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る