自毛植毛で一般的に行なわれているのが自分の毛、主に後ろの毛を必要な所に持ってくる手術です。

この自毛植毛の治療法は大きく分けて2つあり、まず1つ目は「FUSS法」という方法となります。
具体的には後頭部の皮膚を切り取り、切り取った皮膚を更に毛穴の単位で細かく分けて必要な所に植毛する手術法です。
もう1つの植毛法はFUSS法と違う切らない手術法「FUE法」で、皮膚を切り取るのではなく、1つの毛穴ごと細かい器具を使用して取って触法する方法となります。

自毛植毛のメリットは手術を行なえば必ず結果が出る点と言え、結果の個人差も少なく毛を増やすことが出来ます。
一方でデメリットは、髪の多い所から少ない所へ髪を移動させていると言う特徴から、結果的に全体の毛の量自体が増える訳ではないということでしょう。
更に植毛した場所の毛は増えますが、植毛に使った後ろの髪の毛は減ることになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る