AGA治療薬として認知度の高い「プロペシア」は、長期的に服用することで高い薄毛改善が得られるとされています。
早ければ半年、遅くても1年経てば薄毛は殆ど解消されますが、4人に1人の割合で全く効果がないこともあります。

プロペシアは様々な副作用が報告されているのも特徴で、頭痛や腹痛などの薬で良く見られる副作用の他にも消化器系の副作用が起こる場合もあります。
そして最も注意しなければならないと言われており、副作用としても最も多く見られるのが男性機能の低下です。
つまりプロペシアの副作用によりEDになってしまう可能性があるということです。

プロペシアの服用を考えているときは必ず一度は医師の診断を受け、自分にプロペシアが効果あるかを調べてもらい、服用の際の注意点を詳しく聞いておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る