薄毛対策で間違った食事のとり方は危険!

薄毛対策と食事の関係について調べると、こうした食べ物は良くない、こうした食べ物でこうした成分を摂った方がいいという情報を多く目にすると思います。
特にタンパク質は髪を作る成分として、多くの方がおすすめしていますし、それはもちろん間違いではありません。

タンパク質が薄毛対策に良いと聞いて、「じゃあタンパク質を多く摂ればいいんだ」と思ってしまっているとちょっと危険です。
タンパク質を摂取しすぎてしまうと分解に時間がかかるだけでなく、腎臓に大きな負担をかけることになってしまいます。
このように腎臓に負担をかけ過ぎる生活が長く続いてしまうと、将来的に腎臓の病気にかかってしまうリスクも増えてしまうのです。

もちろんタンパク質は薄毛対策に有効ですが、このように摂りすぎてしまうのも考えものです。
人が1日に必要なタンパク質の目安は体重1kgに対して1gとされていますので、薄毛対策目的ならこの基準にちょっと多いぐらいの量だけ摂ると決めておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る